Macのパスワード管理ソフト、まずは無料版から

メモ

昨日

パスワード管理ソフトを導入すると幸せになれる

という宣伝をしたのは良いが、肝心のソフト本体を紹介していなかったという屑。なので、Macで使えるメジャーなパスワード管理ソフトを比較してみることにする。

参考:

「安全」なパスワードとは?
安全なパスワードの条件 安全そうに見えるパスワードでも実は安全ではない理由 完璧なパスワードなんぞないが、可能な限り安全なパスワ...

そもそもパスワード管理ソフトって何よ?

パスワードを安全に管理すること?

パスワード管理ソフトの仕事は、

パスワードを(安全に)管理すること

なんだが、当然それだけじゃない。後で少し列挙しているが、例えばパスワード自動生成機能だったり、クラウドを使ったマルチデバイス間での同期、ブラウザへの自動入力などなど、色んな機能も一緒に付いてくる。

パスワード自動生成機能

例えばパスワード自動生成に関しては、最近のパスワード管理ソフトには必ず付いてくる機能だと思う。なので、自分で小難しいパスワードを考えなくても良いし、クッソ長いパスワード(20文字とか30文字またはそれ以上)を生成するのも簡単。アカウント側の方で文字数制限をかけていないかぎり、滅茶苦茶長いパスワードを設定することも可能。

別にdisっている訳ではないが、某有名企業JA◯Lは、アカウントのパスワード文字数制限6文字という、意味不明の制限をかけている。

良いパスワード=長い+ランダムなパスワード

少なくともブルートフォースアタック(総当たり攻撃)に対しては、原理的には、パスワードは長ければ長いほど安全。なので、パスワード管理ソフトを使う場合、わざわざ8文字を上限にセットする必要はなくて、むしろ20文字やら30文字やらで作る方が良い。

パスワード自体が盗まれちゃったら\(^o^)/なので、そんなに深く考えなくても良いかもしれない。

Macで使えるパスワード管理ソフト

今回紹介するのは1Password、LastPass、Dashlane。唯一1Passwordのみがソフトウェアのライセンス販売(買い切り)をしている。他にもっと安いソフトもあるが、今回はメジャーな3つのみ。

この3つのソフト、機能としての違いは今や殆ど無くて、

  • アカウントとパスワードを保存する数は無制限
  • パスワード自動生成機能付き
  • ブラウザのフォームへ自動入力
  • 複数のデバイス間で同期

などなど、基本的な所は全部押さえてある。

1Passwordライセンス版

Macの古参パスワード管理ソフトで、わしもこれを使っている。昔偶然無料で使う機会があって、それ以来ずっとこれ。ソフト自体は相当高価(ライセンス版なら7800円)だが、後述するLastPassやDashlaneなどの年間支払金額と比較すると、数年使えば元を取れる料金。ライセンス版の場合、デバイス間の同期にはdropboxまたはiCloudを使う。その辺の設定も慣れていないとハードルが高いと感じるかもしれないけど、設定自体は簡単。

後は

パスワードを管理するためだけにこの金額を投資出来るかどうか?

ということだと思う。高すぎぃ!と思えば、無料ソフトで管理するのも全然ありだと思う。

1Password課金型

最近気づいたんだが、1Passwordでもついに課金型の販売を始めたようだ。価格は$36ドル/年。1ドル=100円換算で3600円/年。ライセンス版なら買い切りだから、2年使えば元が取れるのに、なぜ課金型?という疑問が湧くと思う。が、課金型の方が色々とサービスが充実している。

These licenses enable you to get the benefits of 1Password but it is important to know that some features depend on our hosted service and are therefore only available to subscribers. For example, web access on 1Password.com, automatic syncing, item history, secure sharing with family members, and several other features will not be available to those who purchase a license.

と書いてあるように、課金の場合はwebアクセス、自動バックアップ、家族間での共有などなど、主にクラウドを使った自動保存系サービスがついてくる。自分一人で使うし、dropbox(iCloud)で同期出来るし、バックアップは自分でやるし、買い切りでいいよな?という人はライセンス版で充分だと思う。

LastPassとDashlane

LastPassは昔はブラウザのみのサービスだったと記憶していたが、記憶違いかもしれない。どちらも無料版アプリをApp Storeで落とすことが出来る。無料版ではデバイス間での共有ができないが、もし

俺はMacしかもっとらんぞ!スマホ?ガラケーで充分

という人なら、無料版でも問題ない。Dashlaneも同様で、Mac単体で使う場合なら全然問題ない(ただしクラウドでのバックアップは無し)。

参考:
LastPass
Dashlane 無料版とプレミアムの違い

上のサイトを見てもらうと分かると思うが、基本的な機能は無料版でも普通に使える。課金型(プレミアム版)の価格だけで比較するなら、LastPassは1400円/年、Dashlaneは4800円/年、と圧倒的にLastPassの方が安い。また、LastPassの方が対応OSが多く(Linuxにも対応)、最近中華製になったOperaでも使えるようだ。

こう見るとDashlaneに有利な点がなさそうなんだが、Dashlaneの色んなフォームの自動入力という機能は結構使えるかもしれない。1Passwordだとアカウント名とパスワードの自動入力機能はついているが、それ以外のフォーム自動入力機能というのは結構便利かも。

で、オススメはどれよ?

1Passwordライセンス版一択

自分は1Passwordを使っていて不満点がないので、当然1Passwordをオススメする。課金型の場合一生払い続けないといけないが、ライセンス版を買うと長くても大体5年で元は取れる(ライセンス版に後から課金されないという前提で)。ただし、

いきなりライセンス版7800円なんて高すぎるだろうが!

と言う人が大半だと思う。

まずは無料版LastPass、Dashlaneがオススメ。1Password30日無料トライアルもあるよ

ので、まずは無料版のLastPassやDashlane、または1Password30日間無料トライアル、を使ってみることをオススメする。これでアプリの使い勝手やら、どのインターフェイスが好みか、が分かるはず。特に一度もパスワード管理ソフトを使ったことがない人は、管理ソフトの有り難みが分かるはずなので、無料版で体験することを強くオススメする。一度パスワード管理ソフトを使いはじめると、もう自力での管理には戻れませんよ、奥さん。

後は、価格で判断するなり、インターフェイスの使い心地で判断するなり、最終的には好みだと思う。4年か5年継続して使えば、1Passwordライセンス版が間違いなく最強。ただ、1Passwordも課金型サービスを始めたことを考えると、今後ライセンス版での追加料金が発生しないかどうか若干不安はある。

後10年くらいしたら、パスワード管理の必要が無くなる可能性も無きにしもあらずなので、それまで無料版でガンバルという手もあるかもしれない。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする

コメント

  1. イッチ より:

    ワイのコメントが記事になってる…!?

      ( ゚д゚) ガタッ
      /   ヾ
    __L| / ̄ ̄ ̄/_
      \/   /

    課金制より買い切りの方がいいと思いました。
    1Password30日間無料トライアルから始めてみます。
    わかりやすく教えていただきありがとうございました。

    • べんぞう より:

      昔はもっと安かったけど年々値上がりしとります。たまーーに半額セールやってるんで、それを狙うのもありかも。フォーム自動入力のキーボードショートカット、コマンド(command)+\が超強力ですぜ。