El Capitanアプデ「updateを検証できませんでした」エラー。結局勝手に直った

El Capitan @ ヨセミテ公園

せっかくネタにしようと思ったのに

Mac OSX El Capitanのアップデートが来てて、早速インスコしようとしたら、再起動後OSのアップデートを始めようとした直後に

updateを検証できません。App Storeからjkdふぉいあsどいf(←適当)

という感じで怒られて、OSアップデート失敗。そのまま再起動。再びApp Storeのsoftware updateに行くと、「インスコに失敗したのでまた再起動しろぉぉん!」と言われたので、再び再起動すると

updateを検証できません。App Storeからjkdふぉいあsどいf(←適当)

ふぁっ?!

クリーンインスコするしかないのか?

過去にも同じような症状があったようで、その場合の対処方法は(調べた限りでは)OSインスコーラーをダウンロードしてインスコするしかない、つまりクリーンインストール?

参考:osx el capitanのバージョンを10.11.4から10.11.5に上げようとすると、「osx el capitan updateを検証できませんでした」と表示されて、アップデートを完了できない。

他にも何か対処方法ないんかいなと思って色々調べてたんだが、5~6回試して失敗した後、少し時間を置いてまたインスコトライしたら普通に出来た。なんじゃそら。

関係ないけどタイムゾーンを直した

全然関係ないが、この問題を調べている最中に発見した副産物。タイムゾーン設定が、なぜかアメリカになっていた。

システム環境設定 > 日付と時刻

を開いて、

日付と時刻の設定
一番上の「日付と時刻を自動的に設定」の部分がアメリカになってた。これまで特に問題はなかったと思うが、App Storeとの同期をする場合、たまに問題が起こるようだ。なので、アジアに合わせておくと安心。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする