keynoteでスライドの大きさ(解像度)を変更する方法

Keynoteでスライドサイズを変更する方法

解像度の高い画像が必要

keynoteはプレゼン用ツールだが、簡単画像(イラスト)作成ツールとしても優秀。pngを吐けるので、スライド一枚に何かしらイラストなりお絵描きをこしらえて、pngにエクスポートすればおk。今回解像度の高い画像がどうしても必要になったので、keynoteでデフォルトのスライドの大きさを変更する方法をメモっとく。

スライドの大きさを変更する方法

通常おそらく「フォーマット」が開いているであろう右側のメニューで、「書類」を選択。そうすると下の方に「スライドのサイズ」というのがある。

Keynote: スライドの大きさを変更
今「標準(4:3)」と表示されているが、これがデフォルトのサイズで解像度は1024×768。この部分をクリックすると、

Keynote: デフォルトサイズから選ぶ
こんな感じのメニューが出てくる。ワイドスクリーンは解像度が「1920×1080」。カスタムで設定したい場合は「カスタムのスライドサイズ…」という部分を選択すると、

Keynote: カスタムのスライドサイズを選択
このような大きさ設定画面が出るので好きな大きさを選択。

標準・ワイド設定の比較

見た目がどんな感じになるか比較。ワイドスクリーンは、最初のテーマ選択時に選ぶことも可能。

Keynote: 標準の大きさ
標準

Keynote: ワイドスクリーンの大きさ
ワイドスクリーン

5000×5000でもイケたが限界あるんだろか?

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする