keynoteでお絵描き:半円を書く方法

keynoteで半円を書く

図形の種類が少ない気がする

それがしも若い頃はWINを使ってた時期があって、その頃はパワポ(パワーポイント)でプレゼンテーションファイルとかを作ってた。今はそもそもWINのオフィス(Mac用)がインスコされてないから、キーノート(マックのパワポ)しか使わん。その頃のパワポを思い出してもキーノートはデフォの図形の種類が少ない気がする。おかげで半円を作るのにどんだけ苦労したか。上の青っぽい部分は半円が2つくっついてる。

keynoteで半円を描く方法

元々参考にしたサイトはこちら

参考:Keynoteで半円や台形を作る方法(2016/03/08:リンク切れっぽいです)
ttp://blog.narusura.com/keynote-reshaping.html

なのだが、リンクが切れてたんで、自分用メモがてら書いておくことにした。

アプリケーションの起動はspotlightが便利

先ずはkeynoteを起動。マウスに手を持っていくことすら面倒くさいので(そもそもマウスを持っていない)、keynoteも含めてアプリケーションは全てspotlightから起動している。SpotlightはCommand+Spaceで起動、

spotlightでkeynote起動

「key」まで打てば、おそらくkeynoteが補完されるはず(上の画像参照)。

半円を書く

keynoteを起動して、適当に新規ファイル作成(既存ファイルでも良い)。図形から丸を置いた後、

  • 丸を選択した状態で、メニューから「フォーマット>図形と線>編集可能にする」を選択、もしくは
  • 丸をControl+クリックして、「編集可能にする」を選択

で、円を自由自在に編集できるようになる。

編集可能な図形

その状態だと上の画像のような感じになる。

黒枠で囲まれているテキストはkeynoteの中央下辺りに出ているので、必ずしも図形直下に出ているワケじゃない。今は分かりやすいように図形を移動させたんで、上の画像のような配置になっている。

今、丸の円周上に4つ点があって、そのうちの1つが赤く塗りつぶされていると思う。上の画像だと、右下の点。これが、今選択している点。試しに白抜きの点をクリックすると、点の色が赤く変化するはず。

で、どれでもいいので点を1つ選択した状態で、「delete」ボタンを押すと、選択された点が消える。

頂点を1つ消去した円

右下を選択した状態で「delete」を押したんで、それ以外の3点が残る。消した点の両隣の点(左下と右上)をそれぞれダブルクリックすると、あら不思議

半円

半円の出来上がり。あとは図形を適当に回転させて、好みの配置にすればおk。

今は円から半円にしたんで意味がないが、楕円を半円にすると、アイキャッチのような感じの画像が出来る。

使いこなせると楽しそう

使いこなして、ガチでかっちょいい作品を作っとる人もおる。キーノートでこんなの書けたら楽しいだろな。

Keynoteの図形ツールのみでフラットデザイン風イラスト描く vol.03
https://note.mu/hebereke/n/nc105fb9e2cb5

わしもいつかキーノートで、敬愛する漫様(漫☆画太郎先生)の描くようなキャラを書けるように精進するしかない。

基本ソフトが無料なのは(・∀・)イイ!!よ、と思ったら条件つきかよ!

Macの場合基本ソフトは無料だが、そのかわり本体のハードが高い。これはもうアプルというブランドで買い物してるようなものだから、欲しい人は高くても買うだろう。

以前の記載を戒めのために引用

私にもMacのオフィスソフトが無料だと思っていた時期もありました。何気なくインストールして使っていたので全然気づかなかったが、有料じゃないか!しかもキーノート2400円もするぞ!しかし、まあプレゼンテーションソフトは仕事でもガンガン使えるし簡単なお絵描きにも使えるし、1年も使えばペイするだろう。

一応無料でダウンロード出来る条件もあるようです。

日本ってiPhoneが普及したとはいえ、職場のパソコンの大半はWINだろ、多分?未だにXP使ってる人もいるんじゃなかろうか。昔一番困ったのが、MacなのにWordファイルで文章つくらされた時だ(Excelもあったかな?)。いや、別に文句を言ってるわけじゃない。Macを使ってた漏れが悪い。だが、昔はMac用オフィス重かったし、フォントの互換性が悪くて使いづらかったのよ。今は改善されとるだろな。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする