keynoteでデフォルトのテキストスタイル、図形スタイルを設定する方法

Keynoteで挿入出来る図形の一部

Keynoteは発表資料作成アプリです

毎回書いている気がするがkeynoteを一言で表現すると

keynote = Mac用PowerPoint

でWinの人には通じると思う。

WinからMacに移った場合、操作性の違いなどで使い方に手こずる人もいるかもしれない。アニメーションの派手さならkeynoteの方が頑張ってるんじゃないかと思う。

Macに移っても、どうしてもPowerPointじゃないと夜も眠れません、という人はMac用のMicrosoft Officeを使うしかない。

図形のスタイルが気になる。気にならない?

プレゼンテーションなんぞ作る機会はないので、keynoteは主にアイキャッチ作成に使ったり、サイトで使うちょっとした図形などを作るのに利用している。しかし!デフォルトで挿入される図形がクソすぎる気に入らない。

Keynoteのデフォルト図形スタイル

いや、まあ、スタイルの好みは人それぞれなので、こういう影が付いていて色もグラデーションが入っている図形がたまらん(´Д`)ハァハァという人には良いのかもしれんが。

「毎回図形を挿入する度にスタイルを変更すればいいじゃないか!」と思う時期もあったが、だんだん面倒くさくなってきたので、デフォルト設定を変更する方法を書いておくことにした(自分用メモも兼ねて)。

テキストボックスのデフォルトスタイル設定

適当にテキストボックスをスライドに配置して、

  • 好みのフォントスタイル
  • フォントの配置(左寄せ、右寄せ等々)
  • フォントの大きさ

等々をセット。

Keynoteでフォントスタイルを設定
例えば「フォントスタイルをMenlo、フォントサイズを20pt、左寄せ」に設定したのがこれ(上の画像)。テキストボックスを選択した状態で、メニューから

フォーマット > 詳細 > デフォルトのテキストボックスのアピアランスとして設定

Keynoteでテキストボックスのスタイルをデフォルト化する設定
を選択してポチる。これで、このスライド限定だが、次から新規でテキストボックスを挿入した時のスタイルが全て「フォントスタイルをMenlo、フォントサイズを20pt、左寄せ」になる。

図形のデフォルトスタイルを設定

何でも良いので図形を挿入。今回は四角。

最終的には全ての図形に適用されるので、設定する時の図形は何でもおk

Keynoteで図形のスタイルを追加する手順

好みのスタイルをセット

図形を挿入すると、右側のフォーマットメニューの上の方に「スタイル」「テキスト」「配置」と書かれているボタンがあるので、「スタイル」を選択する。スタイル画面を開くと、上の図のように「シェイプのスタイル」というメニュー(デフォルトで用意されている6種類のスタイル)が表示されるはず。Keynoteの設定を何もいじっていない場合は、一番左上にある青っぽい感じの色の図形スタイルになっているはず。

現在のスタイルを「シェイプのスタイル」メニューに登録

次に、デフォルトとして設定したい図形スタイルにする。設定は好みなのでここでは例として、青っぽい色の図形で影なし、の場合を作ってみた(上の画像の右上参照)。次は、このスタイルを「シェイプのスタイル」に登録する。

「シェイプのスタイル」メニューの左右にある横向きの三角ボタン(赤い丸で囲んだ部分)をクリックすると、上の画像左下のような画面に遷移。スタイルを設定した図形(ここでは青っぽい色に設定した四角形)を選択した状態で、プラスボタン(+マーク)をポチる。そうすると、上の画像右下のように、現在のスタイルが「シェイプのスタイル」メニューに登録される。

元々用意されているスタイルを削除

後は元々用意されている6つのスタイルを削除するだけ。

Keynoteでデフォルトスタイルを削除
削除したいスタイルを「シェイプのスタイル」メニューで選択して右クリック。出て来たメニューの一番下「スタイルを削除」を選択。元々用意されている6つのスタイルを削除すると、新しく追加した現在の図形スタイルが先頭に来ます。

Keynote、デフォルト図形スタイル変更後
次に図形を挿入する時は、上の図のような感じになり、デフォルトで設定したいスタイルの図形が挿入出来て便利になる!

もしかして、新規スライドを作る度に毎回設定しないといけない?

上で設定したスタイルは現在使用中のkeynoteファイルにしか適用されない。なので、新規スライドを作成しようとすると、またやり直しになる。そうすると毎回面倒くさい設定をやらないといけないので、結局手間としては同じじゃないか!と思ったが、自作テーマを作って、そこにスタイルをセットすれば解決する。

テーマを作る

自分用テーマを作って、そこにデフォルトのテキストスタイルと図形スタイルをセットしておき、新規スライド作成時にそのkeynoteテーマをロードすればおk。テーマを作るのは簡単で、適当にkeynoteのスライドを作って、それをテーマとして保存するだけ。

テーマとして保存するには、メニューから

ファイル > テーマを保存

を選択して、後は指示に従って保存するだけ。

テーマを使ってスタイルを指定する場合、マスタースライドでテキストのフォントなんかを指定していた場合は、それがテキストボックスにも適用される。なので、すでに独自テーマ持ちでテキストのフォント設定等々をしている場合、図形スタイルの設定だけすればおkかもしれない。

スポンサーリンク
広告(大)
広告(大)

シェアする

フォローする